【茶碗蒸しじゃない】クリスマスメモ書き

最近「俺、若年性アルツハイマーじゃね?」が、洒落じゃすまなくなるほど物忘れがひどい。ただでさえ、一度作ったレシピを再現できないのに、そもそも「作った覚えがない」こともしばしばで、つい先日も嫁に「スパニッシュオムレツ」を頼まれ、そんなもの見たことも食ったことないからとネットで調べ、レシピを印刷してファイルしようと思ったら、以前作ったであろうスパニッシュオムレツのレシピが、既にファイリングされていて驚いたばかりだ。今回はイブが連休だったこともあり、ふだん試せないようなこともできたが、おそらくこれも脱兎のごとく忘却するに違いないので、未来の自分にビデオレター…じゃない、備忘録を残しておくことにする。

ブッシュドノエル
参考にした動画:https://www.youtube.com/watch?v=s2z1SXHcLgo&t=530shttps://macaro-ni.jp/47002
生地とクリームにミルクチョコを使用。生地はオーブン付属皿いっぱいのサイズ。中のクリームにはいちごを混ぜてある。動画のように「樹の皮」を再現したく、テンパリングにも挑戦。年輪つけるためのデコレーションコームを紛失し、急遽買いに行った。樹の皮はサンタのヒゲに応用されたが、つまみ食いしているようにしか見えない

 

アップルパイ
年末に実家や親戚からやたらといただく「りんご」。貰い物で困る、ということはほとんどないが、物理的に消費しきれず、傷んでしまうこともあり、それは申し訳ないと思う。痛みかけたフルーツを大量消費するのにちょうどいいからと、アップルパイも焼いた。ケーキあるのに。コームを買ったお店に、めずらしいアイテム「メッシュローラー」なるものが売っていたので、試してみた。仕上がりはすごくキレイだが、どことなく既成品ぽくなった感が否めない。買ってきたんじゃないのよ。ちゃんと作ったのよ(あ、パイシートは使いました)

 

ローストチキン
とくに思い入れがなかったせいか、写真撮り忘れ。丸鶏というとスタッフド(詰め物)が一般的だが、他にも食べるものいっぱいあるし、難易度高いので今回はパス。単純な塩コショー+にんにくすりこんで一晩寝かせ、オーブンで焼いただけ。電気オーブンは時間かかるうえ、他の料理もオーブン使用率が高いため、こちらはあらかじめじっくり1時間かけて焼いておいて、食べる前にアップルパイとグラタンの予熱を利用して再加熱する作戦で乗り切った。

 

カンパーニュ
夏に一度失敗したカンパーニュ。黒星の原因は水分量。季節も相まって発酵はうまくいったが、発酵しすぎて「発酵かご」に張り付いてしまい、整形で崩れてしまった。今回は慎重に。「切れ目にオリーブオイルを塗ると割れ目がくっきりする」というネット情報をうろ覚えで踏襲。

 

すったもんだでこんな感じに。息子よ、手が邪魔だ。今年に限ったことではないが、振り返ると「全体的に炭水化物多すぎ」。ローストチキンが唯一の逃げ場という、本来とは逆の構図に。撮り漏れしてごめんよ。今回は時間あったから前日に下ごしらえできたので、当日は楽なものだった。そうか、すこし前もって準備すれば、平日でもなんとかなるわけね。メモメモ。

2018-12-25 | Posted in 茶碗蒸しじゃないNo Comments » 
Comment





Comment