【149杯目】平成最後の茶碗蒸し

気づけば、平成も残りわずか。滑り込むように、平成最後の茶碗蒸しを作成。危うく間に合わないかと思ったが、間に合わなければ間に合わないで「ひとつ前のやつが繰り上がって平成最後になるだけ」なので、愚問だと気づく。

作り方は「令和茶碗蒸し」とまったく一緒。相変わらず反転文字が難しいが、「平」の字にやや助けられる。令和に比べるとやや貧弱。丸ゴシックみたいになっちゃったところに、企画に対する「飽き」が感じられる一品。

せっかく(何が?)なので、別バージョンも作成。反転の難しさにプラスして「つづり合ってんの?」問題も加味され、高難易度。「ビックリマーク」と「JUMP」は、スペースの問題で割愛。来たれ、新時代。

2019-04-30 | Posted in 茶碗蒸しNo Comments » 
Comment





Comment