【51杯目】ブロッコリーの茶碗蒸し

_IGP3481

ブロッコリーといえば、ずいぶん昔、自宅方面に知り合いが来る機会があったので食事に誘ったのだが、これがちょっとした珍事件になったことがある。相手方には幼少のお子様がいたのだが、どういうわけか、相手方の奥様が「子どもに食べさせるメニューがない」とご機嫌ナナメになってしまった。もちろん、お子様がいたことは存じていたのでチョイスしたお店はオーガニック系、その日のメニューもごま豆腐や雑穀米など健康的、悪くはない取り揃えだったと思うが。さんざんメニューにダメ出しした挙句、最終的にはとうとう「茹でたブロッコリーはありますか?」と、メニューにない料理を頼みだす始末。これには困った。お子様を大事に想う気持ちはわかるが、店をチョイスした立場としては悲しいし、なにより店に申し訳なく、いたたまれない思いをした。まあ、今となってはちょっとした笑い話。この事件を期に、我が家では「秋なすは嫁に食わすな。ブロッコリーを山盛り食わせろ」という格言が生まれている(嘘)。

ちなみに、水をダイナミックにこぼされようが、サラダに青虫がのっかってようが、ハンバーグに店長のカツラが混入していようが、全く気にしない俺だが、そういえば珍しく店員に文句を言ったことが一度だけある。それは某焼き立てパンを売りにしているレストランだったが、とりわけ用の平皿がことごとく濡れていたのだ。店側の最大のウリを自らだいなしにしている。そこに無頓着なことがどうしても我慢ならず、店員を捕まえて文句を言った。ところが「こちらのパンも焼きたてですよ♡」とさらっとやり過ごされ、以降はなにも言えず、勧められたパンをしっかりといただいて帰ったので、たんに小心者というだけのことかもしれない。

自分で飯をつくるからこそ思う、食事を提供してくれる相手には、最大の敬意を払い、感謝したい。もちろん、同席する相手にも、牛にも豚にも、それを殺す役目の人にも、茶碗蒸しのブロッコリーにも、である。

あと、ブロッコリーを見ると、どうしても「ラピュタ」を思い出してしまうのだが、この際それはどうでもいいと思うバルス。

 

レシピ

材料(1人前)

  • 卵 2こ
  • 水 100cc
  • 白だし 小さじ1
  • ブロッコリー 適量

作り方

  • ブロッコリーはひと房をのこし、フードプロセッサーにかける。
  • 卵と水、すりおろしたブロッコリー、白だしをよくまぜ、器に入れる。
  • 蒸し器にかけて、弱火で15分程蒸す。
  • 表面が固くなる直前で、残しておいたブロッコリーをのせ(埋め)、ひと蒸しすれば完成。
2016-08-17 | Posted in 茶碗蒸しNo Comments » 
Comment





Comment