【53杯目】大根で「おおきなかぶ」茶碗蒸し

_IGP3479

普段なにげなく捨てられる野菜の部位ランキングベスト3(2016年8月俺調べ)といえば、「皮」「芯」そして「成長点」である。成長点とは、根菜の根っこと葉っぱのつながっているあたりで、実は野菜の「本体」ともいえる重要部位。食えばうまいし栄養価も高いのだが「調理しづらい」「汚れが気になる」「なんかキモチワルイ」などの理由で三角コーナー直行という残念な宿命を持っている。「腐らせるくらいなら干物にしろ」をポリシーとする貧乏性な俺にとって、ここを捨てることはご法度だ。

といっても、たいていは煮物で片付く。まず汚れをきれいに落とす。気になる部分は切り取ってしまえばいい。葉の根元の取りきれない土汚れは、煮物なら煮ているうちにとれる。今回はこれを茶碗蒸しにしてみた。するとなぜか、童話の「おおきなかぶ」を彷彿させるビジュアルになってしまい、少々ややこしい結果になったことは否めない。いっそ最初からカブでやってくれ、と、大根も訴えているような気がしなくもない。

ところで、「おおきなかぶ」の物語の結末だが「最後のネズミが吉田沙保里ばりに最強だっただけなのでは?」と、リオ五輪の閉会式を見ながら、ふと思った。

 

レシピ

材料(1人前)

  • 卵 1こ
  • 水 100cc
  • 白だし 小さじ1
  • 大根の成長点 1

作り方

  • 大根の成長点は、あらかじめ15分ほど蒸しておく。
  • 卵と水、白だしをよくまぜ、器に入れる。
  • 蒸し器にかけて、弱火で10分程蒸す。
  • 表面が固くなる直前で、大根の成長点をのせる。
2016-08-22 | Posted in 茶碗蒸しNo Comments » 
Comment





Comment