【62杯目】冷やし中華茶碗蒸し

_igp3557

季節は既に秋だが、写真は初夏の頃のもの。わざわざ「始めました!」と宣言される夏のメニューナンバーワン、冷やし中華。実際は中華料理ではなく日本発祥なのはわりと有名な逸話。酸味の効いたたれのさっぱり感がいかにも夏向きな印象だが、最近は圧倒的に「ごまだれ」が主流というから残念。ちなみに、嫁の地元の名古屋ではマヨネーズをかけて喰うのが一般的らしいが、名産がこんにゃくしかない群馬出身者から見ても、さすがに全くわけがわからない

そんな冷やし中華を茶碗蒸しにするときは、前もってつくった茶碗蒸しを冷蔵庫で冷やしておき、食べる直前で具材とたれをかければ完成。錦糸卵と卵がかぶったのはご愛嬌。ちなみに冷やした茶碗蒸しは蒸し返せば復活するので、意外にも作りおきできるメニュー?いろいろと応用を試したい。

 

レシピ

材料(1人前)

  • 卵 2こ
  • 水 150cc
  • 白だし 小さじ2
  • トマト
  • きゅうり
  • きざみのり
  • 鶏胸肉
  • 卵 1こ(錦糸卵用)
  • ごまだれ 適量

作り方

  • 卵一個を溶き、熱したフライパンにごま油をひいて、お玉いっぱいずつの溶き卵を広げ、錦糸卵をつくる。
  • 鶏胸肉は蒸してほぐす。チンでもいい。
  • 錦糸卵、胸肉、きゅうり、トマトを細長く刻む。
  • 卵と水、白だしをまぜ、器に入れる。
  • 蒸し器にかけて、弱火で15分程蒸す。
  • 蒸しあがったら、冷蔵庫で冷やす。
  • 食べる直前に具材をのせ、ごまだれをかけて完成。
2016-09-13 | Posted in 茶碗蒸し1 Comment » 

コメント1件

 実現! - オヤコドンペリ  | 2016.09.20 7:50

[…] 【62杯目】冷やし中華茶碗蒸し […]

Comment





Comment