【118杯目】えのき貝柱茶碗蒸し

えのき茸は、別名「庶民茸」と呼ばれる(嘘)くらい、非常にコスパに優れたきのこ。ジャキジャキとした食感は楽しいが、はたして栄養があるのかどうかは謎。この「えのき」の、普段は大胆にぶった切って破棄する「石づき」部分を、すこし厚めに切り出して、両面を香ばしく焼くと、まるでホタテの貝柱のような食感が楽しめる。これが「えのき貝柱ステーキ」と称され、巷で流行っているという。

両面をバターと醤油でグリルしたえのき貝柱を茶碗蒸しにのせ、卵黄をトッピング。本家では「つくね」をのせるようだが大胆に割愛。それでも、うまくて安くてヘルシーな貝柱茶碗蒸し。えのきは、伸びしろがありすぎてヤバイ。

2017-11-21 | Posted in 茶碗蒸しNo Comments » 
Comment





Comment