【147杯目】キングダム映画公開記念、河了貂茶碗蒸し

超人気漫画「キングダム」が、ついに映画公開。記念して、応援茶碗蒸しを作成。といっても、王騎を再現しようとすると、難易度も六将級なので、チョイスしたのは、軍師になる前の「河了貂」。さて、どうするか。

当初ボディはハンバーグを想定したが、茶碗蒸しとの相性を考え、鶏つくねに変更。質感を出すためとろろ昆布を巻いたら、ほぼ内側は見えなくなった。ガンプラのマスターグレードシリーズのような、どうせ見えなくなるところに、こだわりを感じる。頭部はくんたま改め、急速に味と色を浸透させた煮玉子で再現。目はかまぼこ、くちばしは柿の種を使った。「飛信隊旗」も再現して、完成。

最近嫁に「近頃の茶碗蒸しは本体同じで、トッピングだけでごまかしている」とバレた。確かに、茶碗蒸しをキャンバスかなにかと勘違いしている傾向はあったので、今回は中にもしいたけやたけのこ、ぎんなんなどの定番具材もいれてみた。嫁よ、柿の種を抜いて遊ぶんじゃない

ちなみに、「キングダム」は得意先に勧められてドハマリした漫画。ほかにも「弱虫ペダル」や「鋼の錬金術師」も、勧められてファンになった漫画だ。読まず嫌いはよくないと、勧められたら読むようにしているが、勧められてもハマれなかったものとしては「ジ◯ジ◯」とか「ハン◯ーハン◯ー」とか「海賊のアレ」がある。

2019-04-11 | Posted in 茶碗蒸しNo Comments » 
Comment





Comment