【72杯目】ネギトロオクラ茶碗蒸し

_igp3598

マグロというと寿司のイメージがあるが、今のような生食が普及したのは、実は冷蔵技術の発達した近代以降だと最近知った。江戸時代はヅケといって醤油漬けにするか、それ以前となると、そもそもまともな食材として扱われてこなかったという。その理由は「デカすぎ」「脂多すぎ」。赤身は変色するわ味は落ちるわ、干そうにも脂のせいで乾く前に腐敗するわ…。我々が共通認識として持っているマグロの特長は、時代によってはバッドステータスにすぎなかったなんて、今のマグロ人気からは想像もつかない。

ちなみに、自分の好きな寿司ネタは「コハダ」。べつに通ぶってるわけではないが、なんとなく「俺、今、寿司食ってるぜ」感が強いネタだから。そもそも舌バカで何食っても旨いから、わざわざ旬ネタや高級寿司を喰う必要がないのだ。ちなみに、二番目に好きなネタは「ガリ」。もはや寿司ですらない。

 

レシピ

材料(1人前)

  • 卵 2こ
  • 水 120cc
  • 白だし 小さじ1
  • ねぎとろ
  • 卵黄
  • オクラ
  • 青のり

作り方

  • ねぎとろと刻んだオクラをまぜる。
  • 全卵1と卵白、水、白だしをよくまぜ、器に入れる。
  • 蒸し器にかけて、弱火で10分程蒸す。
  • 蒸しあがりにねぎとろ、卵黄をのせ、青のりをちらす。
2016-10-12 | Posted in 茶碗蒸し1 Comment » 

コメント1件

 今日の弁当 と 秋休み終了 - オヤコドンペリ  | 2016.10.14 21:09

[…] 【72杯目】ネギトロオクラ茶碗蒸し […]

Comment





Comment