【76杯目】カツ丼茶碗蒸し

_igp3636

丼といったらカツ丼。というのは、古い認識かもしれない。最近はソースカツ丼のほうがよく聞くし、海鮮丼やスタミナ丼、ローストビーフ丼やアボカド丼なんてのもある。せっかく衣をサクッと揚げたカツを、わざわざ「べちゃっ」とさせるカツ丼の根本的な構造欠陥は、激しい丼生き残り競争の時代に、大きな足かせとなっている感が否めない。

そんな、丼界の窓際レシピ、カツ丼を茶碗蒸しに仕立てる。卵料理の上に卵料理のトッピングは、当ブログでは既に御用達の構成。うまいまずいというより、想像どおりの味。なんの化学反応もない。がんばれカツ丼。

 

レシピ

材料(1人前)

  • 卵 3こ
  • 豚ロース 1枚
  • 小麦粉
  • パン粉
  • たまねぎ
  • きざみのり
  • めんつゆ
  • 水 100cc
  • 白だし 小さじ1

作り方

  • 豚ロースに軽く塩をふって、小麦粉、卵、パン粉の順につけ、油で揚げる。
  • 薄切りのたまねぎを小鍋にとってめんつゆ、少量の水で煮る。
  • 火が通ったら切ったカツを入れ、溶き卵でとじる。
  • 卵1と水、白だしをよくまぜ、器に入れる。
  • 蒸し器にかけて、弱火で10分程蒸す。
  • 蒸しあがりにとじたカツをのせ、ふたをしてしばらく蒸す。
  • きざみのりをかけて完成。
2016-10-26 | Posted in 茶碗蒸し1 Comment » 

コメント1件

 YK interactive | 2016.10.27 0:31

これは普通に美味いのじゃない?

Comment





Comment