【139杯目】タラとタラコと白子の茶碗蒸し

17年目の結婚記念日にチョイスしたのは、嫁の好物オンパレード茶碗蒸し。以前「タラと白子のグラタン」を作ったが、茶碗蒸しじゃなかったし、今回はタラコをプラスすることで、死角をカバー。この世で唯一「嫁だけの」完全食がここに完成する。

それにしても、タラコとタラの白子。タラコはスケソウダラで白子はマダラと、若干の違いはあれど、想像するだけでこっちが妊娠しそうな組み合わせだが、タラの身を加えたことでギリギリ一線を越えずに済んでいるかどうか。

そんな自信作を、満を持して提供するも、かんじんの白子がただのボイルだったため、減点。素直にバター焼きを乗せるべきだった。

ちなみに、ずっと使っていたまな板が汚れてきたので、今回よりアップデート。IKEAで2000円程度だが、通常のまな板の4倍程度の大きさがあり、背景として使えなくもない(形状は同じだが材質は竹に変更していた)。たいして撮影モチベーションの高くない、ものぐさブロガーには便利かもしれない。

2019-02-23 | Posted in 未分類No Comments » 
Comment





Comment